ザ・ホワイトハウスS4-20  「ホワイトハウス封鎖」EVIDENCE OF THINGS NOT SEEN 

何とも言えない心地良さを感じるエピソードでした。

感想の前に...ウィルの見事なカードさばきについても先に...
演じるジョシュア・マリーナはポーカーの名プレーヤーだそう。
Bravo TV(NBC系)のCelebrity Poker Showdownという番組のプロデューサーの1人でもあります。
(現在は、チャーリーことデュレ・ヒルが出演♪
過去には、大統領、トビー、ダニー、もちろん、ウィルも出演していたようです。)
ウィルに話を戻すと、カードさばきが上手で空軍中尉としての顔も持っていたり、次は何を披露してくれるの?と期待してしまいます。




とっても楽しみにしていた、マシュー・ペリーの出演。
彼が演じるのは、弁護士ジョー・クインシー。
吹き替えですが、フレンズのチャンドラーと同じではなくて良かったと思います。
最初は、ちょっぴり違和感があったけれど、ジョーの落ち着いて率直なキャラクターに合っていたし、
また、素敵な声でもありました。

抑えた演技がとてもカッコよかったマシュー・ペリー。
もう想像以上に!
でも、どうしても笑ってしまう瞬間が...
ピクッと眉を動かしたり、クビを傾げるしぐさが、チャンドラーそのもの。
やっぱり彼は基本的にコメディアンなのだと思います(笑)
そうであって欲しいし...
マシューのアーロン・ソーキン氏の新作コメディへの出演決定は、既にお伝えしていますよね。
ジョシュことブラッドリー・ウィットフォードも現在話し合い中だそうで、出演の可能性がでています。

そして、大のお気に入りの2人の初共演は、とってもいい感じでした♪

ジョーを気に入りながらも何か変だと訝るジョシュ。
大の共和党嫌いのジョシュと共和党の男性に惚れやすいドナ。
明らかにドナがジョーに興味津々な様子から、もっと早く気がついても良さそうだったけれど?

今回のお気に入りの台詞は、ジョシュがドナのことを...

「あんないい子なのに、どうして好きにならないんだろう?」

ドナのジョシュに対してのジョーよりもあなたの方が素敵発言は、ご機嫌取りの匂いが漂っていましたが...
ジョシュも、そう言われて、そのジョークは面白くないとかもういいよみたいな態度。

そして、ホワイトハウスへの銃撃後、ジョシュを気遣っていたのは、ドナだけ。
この時は、ジョシュもその心遣いを真摯に受け留めていたよう。

どちらもJ&Dファンの心をくすぐる場面でした。

それでも、ジョシュを気遣いながらも、ジョーもやっぱり気になる様子のドナ(苦笑)
ドナって、本当に共和党員に吸い寄せられてしまうのですね。
あなたに夢中光線を放っていました。
ジョーにアプローチするのでしょうか?

また、来週は、ジョーの弁護士としての手腕も見ることができるでしょうか。
ホインズが窮地に立たされるのは間違いなさそうで、心配です。
[PR]
by jd_tww | 2006-02-23 10:39 | Season4
<< ザ・ホワイトハウス S4-21... ザ・ホワイトハウス  S4-1... >>