ザ・ホワイトハウス S2-4 「ブロンドのライバル」“IN THIS WHITE HOUSE”

感想のみ





ニンバラ大統領、奇跡でなく悲劇が訪れてしまいました。
彼の国を想う気持ちに何とか沿おうとするトビーやジョシュたちにも、この結末はあまりに痛ましすぎます。

「安くしてあげて。」
そうしただけでは解決しないとわかっていても、せめてそうしてあげたい。
ドナのひと言には、いつも、「そうそう!」って言いたくなります。

ドン!、「痛っ!」
マーガレット、今日も笑わせてくれました~

CJの廊下での「叫び」、原語で聴くと更に迫力あり!

ジョシュと「ジンジャー、ポップコーン!」のトビー、それにCJは、やっぱり人が悪い(笑)、
でも笑っちゃった。ごめんね、サム。

エインズリー、これからが楽しみなキャラクターの登場。
レオとの面談は楽しいものだったし、サムとレオの部屋で顔をあわせたシーンでは、
銃規制に関するバトルは見ごたえありでした。
これから、相反した考えがぶつかり合って刺激になっていくのだろうけど、
彼女には、最初から多難なことが続きそう。
[PR]
by jd_tww | 2004-12-15 14:30 | Season2
<< ザ・ホワイトハウス S2-5「... ザ・ホワイトハウス S2-3 ... >>