ザ・ホワイトハウス  S1-16 「ロスの一日」 20 Hours in L.A.

今週の初登場は、ジーナ。
緊張が伝わってきて、可愛かったです。

エピソードの中に出てくるロス気分を味わえる(?)という「Guacamole」は、
アボカドのディップだそう。
そして、どこも「ワカモレ」というカタカナ表記になっていました。
わたしは、アボガド自体は好きでも嫌いでもないのだけど、
このディップのお味はどうだろう?





可愛いと言えば、むくれるマーガレットも!
レオも、「まだ、怒ってるのかぁ?」と、何だか夫婦みたいな会話でした(笑)

ゲスト(デビッド・ハッセルホフ)と話が噛み合ってないドナを
ジョシュが手を引いて連れ出すところは、微笑ましくて、お気に入り♪

テッド・マーカスに脅されて帰ってきたジョシュに、恐れるに足りずといった感じのサムとトビー。
さすが~といった表情のジョシュ、同感です。

一週おいて、ジョーイがまた一段と美しく登場。
彼女が手で言葉を操る姿は、音楽を奏でているみたい。
ジョシュのあの顔ったら…魅了されない訳ないですよね。

ジョーイのお隣のケニーの優しい表情も、素敵。

それにしても、、ジョーイは、どうしてアルのような人と付き合っているのでしょう!?
ジョシュじゃなくても、ショックです。

CJに、わたしのドレスどうです?と聞かれても、彼女を見ずに返事をするトビー。
まともに彼女を見れないって感じがしました。

そして、ホインズ。
壁を作っているのは、むしろ大統領とスタッフたち。そう感じるエピソードでした。
でも、今回のことでは、最終的に、レオやサムが、ホインズが正しいと言い、
また、大統領は、ホインズの信念を曲げないところをちゃんと認めていたり、
彼らの関係って、複雑です。

そして、眠れないという大統領。本当に、辛そう。

ジョシュの部屋のベッドに寝そべる酔っ払い(?)ドナ。
やはり、ドキドキ、でも、改めてみると、ジョシュってそんなに安全パイ?とも思えたりして(笑)

LAに到着した時は、ジョーイのことでカリカリしていて、
ジョシュが彼女に電話すると言えば、「ほんとに?」と動揺していたドナ。
あんなに彼女の部屋を訪ねるべきだと勧めたのは、実は、誰かと一緒だと知っていたから?

そして、何度見ても、惨めなジョシュ。あれは、ないですよね(泣)
[PR]
by jd_tww | 2005-07-24 06:59 | Season1
<< ザ・ホワイトハウス S1-17... ザ・ホワイトハウス S1-15... >>