ザ・ホワイトハウス S1-2「非業の死」

こんなところで終わってしまうの!?と、初めて見た時思ったものです。
先行放送で2話まで初めてご覧になったみなさん、どれほど3話目が待ち遠しいことでしょう。





マンディ敗北の悦びを全身で表現するジョシュ。
もう、ゴリラそのもの!
そんなジョシュ・ライマンに心惹かれはじめたなんて…やっぱり、変?(笑)





それにしても、マンディ、あんなに目を剥いちゃ、可愛い顔が台無し。

ジョシュには、勝利の美酒に酔うかわりに美味いベーグル。
何かにつけて「ベーグル」と口走るぐらい、彼の大好物のようです。

その勝利で大統領の注目を得たいところが、それは無視され、
大統領の質問にも答えられず、いいところを見せられない。
その問いに難なく答えてしまったレオが、何か文句あるか?と言いたげにジョシュを見る。
あくまで真顔なのが、何とも可笑しい。(笑)



ジョシュ「禁じられた恋ほど盛り上がるんですよ。」
サム「さすが、良くわかってるね。」
まるで、ジョシュが恋愛の達人であるかのよう。(苦笑)

そして、ジョシュへのサプライズ。
自分が負かしたことで失業したマンディをホワイトハウスが受け入れることに。
彼だけ、ギリギリまで知らされず…
あの慌てふためきようったら!可愛すぎっ
また、グイッと彼に惹かれてしまった時だったかも。



ドナは、無邪気にも、ジョシュの代わりに勝手に賭け。
それに呆れながらも、一応つきあってるジョシュがいい。
もちろん、茶化すのも忘れないけど。
この頃の2人って、ほんとに楽しくて微笑ましい。



ジョシュがサムとローリーのことを話していた時に部屋を覗いたドナとのとやりとりは、
また絶妙でした♪



本来なら、元彼女マンディとの関係にワクワクしそうなのに、
既にこっちの2人に注目していました。

ところで、前から気になっていたのだけど、
ジョシュが昔出たオーディション番組ってどんなのだろう?

記者から思いもよらなかった質問を受けても巧みにジョークでかわすCJがカッコいい~!
そして、そんな彼女を誇らしげに笑顔で見つめるトビー。
この2人も、いい感じ♪



そのトビーに厳しいのは、ランディンハムさん。
厳しいというより、苛めてる気がするのだけど…(苦笑)



大統領とランディンハムさんもやっぱりいいなぁ



打ち明けたいことがある時のサムの行動パターン。黙って何気なく近づくサムがおもしろい。
ソワソワせずに、とても落ち着いて、そして、静かに本題に入る。
この飄々としたところが好き。

サムとキャシーの完成したばかりの原稿を交えてのやりとりも楽しかった♪
ほんとにこれでいいの!?と問い詰めるようにボスを見上げるキャシー。
この2人もいいコンビです。



ローリーとせめて友達でいたいと願うサム。
どうしても忘れられないというのが、本音でしょうか。
コールガールの仕事が好き。それが、ローリーの唯一理解し難いところ。



さて、サムは議員の名前を本当にアルファベット順に言えそう。(笑)

副大統領が、初登場。
まずは、対CJ。彼女を鼻であしらいます。



CJの悔しそうな表情…(泣)



ついでに、ダニーが声で初登場♪

副大統領との衝突をレオに隠すCJ。
でも、レオはそれに気づかない上司ではありません。

そして、レオと副大統領のバトル。
最初は、こんなにも敵対モードだったなんて…



モリス・トリバー軍医と大統領。
大統領の口数がいつもより更に多くなっているようで、
モリスとの会話を心から楽しみにしているのが感じられました。



子供も授かり、「過去だけじゃなく未来がある。」はずだったモリス。
その彼が、テロの犠牲に。
武力行使には否定的で、それをモリスに語っていた大統領が、
テロリストの廃絶を口にし、神の怒りを思い知るがいいとまで言う。
そんな大統領を目の当たりにして、レオはショックを受けているようでした。



大統領は、このテロにどう対処するのか。
しかし、大統領にはもう1つやらなければならないことが…
モリスの奥さんに訃報を伝えなればならないのです。
その辛さは、計り知れません。
[PR]
by jd_tww | 2005-04-13 10:16 | Season1
<< ザ・ホワイトハウス S1-3「... ザ・ホワイトハウス S1-1「... >>