ザ・ホワイトハウス 6-3 THIRD-DAYS STORY

ザ・ホワイトハウス 6-3 THIRD-DAYS STORYの感想です。

尚、当ブログでは、現在、コメントを受けつけていません。コメントを残したい方は、ザ・ホワイトハウス掲示板をご利用ください。http://jdtww.bbs.fc2.com/







どうしても、レオと、演じるジョン・スペンサーを重ね合わせて見てしまって、それが辛いところ...

和平会議を終えホワイトハウスへ舞台は戻ったものの、レオが倒れたことに誰も気づかない。

そんな中、ジョシュが共和党相手に余計な発言をしてトビーが頭を抱える...という懐かしい一コマに、クスクス...
これこそ、ジョシュよねっ

やっとレオが発見されて、海軍病院に。

「彼(レオ)は体を労わるべきだった。」と言いながらドーナツにパクつくジョシュから、ドーナツを取り上げるCJ姐。

甘いものを我慢したら手料理をふるまうと約束。

つば広帽子で?って、ジョシュの妄想には、ついて行けなさそう(笑)

甘いものに手を出そうとしたジョシュにCJの厳しいチェックが入る...でも、それは、CJの罠?

久々の2人の他愛のないやりとりが笑えて、ちょっと古き良きホワイトハウスが戻って来た感じ。

一方、大統領は、レオの心臓発作に責任を感じてる...

マスコミは、既にレオの後任に注目のよう。
ジェドには、自身で一度解雇したものの、今は、とても考えられない...
そんなジェドに、レオを正式に解雇して重い責務から解放するよう促すアビー。

そんな中、ドナが、ホワイトハウスへ帰って来た♪
あの重症な様子からすると早過ぎる気もするけれど、人気キャラクターだものねっ
ジョシュの「ドナ!」が聞けるのは、やっぱり、嬉しい。

チャーリーは、ジョージタウン大を卒業の予定...あくまでも予定のままなのは、卒業したら秘書の仕事を辞めろと言われたからみたい...
チャーリーったら、グッとくるじゃない。

レオの心臓が、何とか持ち直した...

病床のレオに誰を後任にするべきか助言をも求めるジェド」。

CJとジョシュでの楽しいやりとりを見せた後に、新たな波乱の予感...
[PR]
by jd_tww | 2010-05-31 18:06 | Season6
<< ザ・ホワイトハウス 6-4 L... ザ・ホワイトハウス 6-2 T... >>